続きを読む



二日目からいきなりのスズキ釣りネタですが、俺はここ数年スズキ釣りから一歩引いた目線で色々と見てきました。

かといって、熱が完全に冷めてしまったというわけではありません。

あくまでも一歩引いた目線で。







まぁ書きたい事は死ぬほどいっぱいありますが、一つ一つ出来るだけ初心者の方にもわかりやすいように、超基本的な事から、ローカルじゃないと知り得ない情報まで、たまには動画なんかも交えて書いていけたらなーと思ってます。






メーターオーバー、10㎏を釣る為の10ヵ条



熊本でスズキ釣りをやってれば必ずぶち当たる壁といえば、100㎝10㎏のとてつもない大きな壁。

釣っても釣ってもなかなか超えられないと思います。

タイトルで偉そうな事書いてる自分もまだ10㎏の壁は20年かかっても超えれないままです。(ちなみにウェイトレコードは9.4㎏)

明らかに10㎏超えてそうなヤツは何回も掛けましたが、ラインブレイクやランディング失敗なんかでことごとくバラシてきました。

手には出来ていないにしろ、20年の経験を基に、ここでは掛けてもどうしようもないようなサイズに如何に近づけるか、に絞って書いていきます。






90以下は全部シェゴ(セイゴ)!なんてよく熊本のアングラーの中ではよく言われます。(自分の周りだけかもしれませんが笑)

90あってよか魚、100以上10㎏以上あってやっと褒められます。


ほんと感覚がおかしいんですよね(笑)


そんな中で皆揉まれてきてるもんだから、以前は寝る間も惜しんで川に通い詰めてましたね。

10㎏を獲る為に。

もっと!もっと大きいスズキが釣りたい!もっと・・もっと・・・

まぁシーバスアングラーなら皆思ってる事でしょうが、それがモチベーションのほとんどを占めてると思います。


メーターオーバー、10㎏オーバーを釣り上げる為に大事な事、それはとにかく

・通い詰める時間を作る

・釣れる時期の把握

・ベイトの確認

・メーターover、10㎏オーバーの実績ポイントを知る

・ポイントを見極める目を養う

・流れ(潮位変動)を読む

・魚の向きを把握する

・掛けて獲れる場所で釣りをする

・自信を持って獲れるタックルを使う

・折れない心



ごくごく基本的な事ですが、一番大事な事です。


次回からはもうちょっと掘り下げて書いていきます。


つづく





















にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村