続きを読む

(SHIMANO TV釣り百景)



この動画での使用ルアー







SHIMANO TVで先日の釣り百景が放映開始になったので見てからの感想。









まず俺が言いたいのは、ルアーローテーションについて。




プロアングラーの方々はロッドやリール、ルアーのテスト、講演等のイベントやその他諸々、プライベートも含めて全部の合間を縫っての動画撮影で、時間、天候、潮の関係等いろんな条件をめちゃくちゃ絞られた中で魚を出さなければならない心中は察します。




ですが、ちょっとまってください。


フローティングミノーからいきなり投げるってどうなん?

トップで出るかもしれんやん。

可能性をいきなり捨ててるのと一緒ですよね?



で、フローティングミノーで釣れなかった。


もっと深くレンジを落としたい。


ここでバイブレーションの登場です



ボトムを引きます。



釣れません。



今度は早巻きでリアクション狙いです。








・・・



って、なんでかーい!




シンキングミノーやシンキングペンシルってルアーを知らないんですかね?


もっと細かく言えば、ルアーの開発等に携わっているのならば、ルアーのどこをどう触ればこんな動きになるっていう理論は頭の中にあるはずです。


嶋田さんなんか特にね。


もし現場に対応出来るルアーがなかったのなら、バイブ使う前にその場で板鉛を貼ってみて今のレンジより沈めてみたりとか、逆にシャローを引いたり動きを殺したいならリップ削ってみたりとか、フックを大きくしてウォブの振り幅を調整してみたりとか、色々手段はあるはずなんですけどね。


そういうとこを見せて欲しい。



どうせ新商品の宣伝等は最後に全部やるんだから、ただ釣りして宣伝するだけじゃなくもっと身になる話を聞いてみたい。


釣りの最中にこんなのが出ましたとか宣伝するのもいいけど、その時はどんな考えだったのかとか、その時の状況で何でそのチューニングをしたのかを後付けの編集でいいから入れてくれるともっと視聴者(一般アングラー)も食いつくと思うんですけどどうですかね?


まぁ枠の関係もあって無理でしょうけどね。





別にね、今回の話は鈴木斉プロが悪いって言いたいんじゃないんですよ。



だって俺、骨の髄までシマノ派ですから。



たまたまタイミングよくこの動画が放映されたのに俺が気づいたもんだから例に上げてみただけなんですけど、我々一般アングラーはそういう細かい考えなんかを知りたいと思ってます。




って俺だけ?



えーーーーーー(笑)












にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村