続きを読む
前回から見てもらうとわかる通り、フックを大きくしてもさほどアクションに変化がないルアーが主軸になる。

フックでバランスをとってあるようなルアーは自然に選ばなくなります(笑)




その④デュエル・ハードコアミノー150F

発売から2~3年経ったでしょうか?
出てからはソッコーで買ってホントによく釣りまくりましたね。
しばらくはコレしか投げてませんでした(笑)
リップレスも買って比較してたのですが、個人的にはリップ付きが断然扱い易いし釣れますね。
フックはO社のST56の2番をつけて少し動きを殺してやるのがミソです。


デュエル(DUEL) ハードコア ミノー 150F









その⑤ハルシオンシステム・ペニーサック(TUNGS10)




いやー、好きですねー。
名前・見た目は遊び心満載にして釣果は反則レベル。
こんなメーカー最近ありませんよね。
ルアーはおもちゃなんだからこれくらいの遊び心はどのメーカーにも見習ってほしいもんです。
天晴れ!ハルシオンシステム!

もっとデカいペニーサックも作ってくれー!


ハルシオンシステム ペニーサック Tungs直径10(F)





その⑥タックルハウス・リップルポッパー140

ウッド製のKRP140リップルポッパーから使ってた俺に言わせれば、新しくなった3代目のR3は飛びすぎて違和感ありまくりなんですが、動きは若干キビキビ感が激しくなった?気がします。
緑川でトップ投げる人ってあんまり居ないんですが、投げればちゃんと釣れるし出れば意外とデカイのきますよ。
5月と9月頃の渇水時、夜やマズメに上げ潮が絡む潮でコイツ投げてみてください。


タックルハウス(TACKLE HOUSE) K-TEN ブルーオーシャン リップルポッパー R3








つづく







にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村