続きを読む
前回の俺の超個人的なボヤキとも取れる提案は賛否両論あるとは思いますが、周りのメーター・10kg超達成者に共通しているスタイルですし、特別大きいスズキを獲る為には一番可能性があるスタイルだと俺は信じています。

 

では前回の続き。


 
実績のあるルアーや、好きで使ってるルアーなんかを数回に分けて紹介していきます。



熊本シーバスを攻略する為のルアーセレクト




その①マリア・エンゼルキッス140

このルアーなくして緑川は語れない。
宮崎の友草氏がまだマリアのテスターをされてた時、とある企画で宮崎に行った際に頂いたこの『エンゼルキッス140RHP』で自身初のメーターoverを手にした思い出のルアーでもあります^^ 熊本のエキスパートの方達は今でも普通に使ってる現役バリバリの名作ですね。 2番フックを3本背負わせても動きが破綻する事はない優秀なルアー。

マリア(Maria) エンゼルキッス

マリア永遠の名作ルアー!




 

その②タックルハウス・K2F142 

先日も書いたと思うのですが、熊本の大河川で釣りをしているアングラーの中では、実績・人気ともここ数年では一番のルアーじゃないでしょうか。 矢田くんの13kgもこのルアーで仕留められてます。 初めて使った時の感覚は今でも忘れません。 飛距離とその引き抵抗の軽さは衝撃でしたね。

タックルハウス(TACKLE HOUSE) K-TEN セカンドジェネレーション K2F142 T-1

トラウトルアーをそのまま大きくした様な細かくキビキビとしたアクションは秀逸。

 




 

その③エバーグリーン・ストリームデーモン160・140 

中野大輔氏プロデュース、渾身のBIGミノー。 開発の段階から何回も熊本に脚を運ばれてテストを繰り返された、ある意味メイドイン熊本のルアー。 飛距離全盛のこの時代にこのルアーを出してくるエバーグリーンの懐の深さに脱帽。 先日発売された140mmサイズはまた全くの別物。 よく考えて作ってあります。
エバーグリーン(EVERGREEN) ストリームデーモン

アップクロスからのドリフトでその威力が最大限に引き出される。



 


エバーグリーン(EVERGREEN) ストリームデーモン

ただのダウンサイジングじゃない!160mmよりももっとシャローに!をコンセプトにしたルアー。バランスの関係か、160mmよりも飛距離が出るようになった。









 

つづく











にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村