続きを読む
image

(先輩の10kg超の魚拓)



みんな疎かにしてる掛けたらちゃんと獲れるポイント選び。

足場が高い場所でタモ等のランディングギア無しでの釣り、やってる人多いよねー。

掛けても速攻で根に張り付かれたりラインブレイクするような根が荒い場所での釣り、魚が付くのわかってるからみんなやるよねー。


俺も散々やらかしてきたのでわかりますが、獲れる確率が低い所で釣りをしなければいいんです。





ランディング出来る場所とは


俺が何で潟際反転流狙いの釣りを奨めるかと言うと、一つは大型が釣れやすいというのと、もう一つは潟際を攻めれるって事は水面近くで釣りが出来てるって事なのでランディングしやすい場所に居るという事。

足場の高い場所で掛けてランディングでもたついてバラシたり、どんなにパワーファイトしようとも寄らずに根に巻かれたりするのは勿体ないですよね。

どうせなら自分主導で、安心して獲り込める場所で確実に獲る事を主体とした釣りを展開するべきと思うんです。

一人なら尚更。


それとね、もしとんでもないヤツを掛けてあとはランディングするだけってなった時は、グリップやネットは使わないでハンドランディングを俺は奨めます。

グリップで掴んだのにガブられて外れたって話もいっぱい聞くし(30lbボガグリップでも外れた経験有り)、タモ入れ失敗でバラシたって話もよくあると思います。

フックが手に刺さろうがちょっとだけ痛いの我慢するだけだし、信じられるのは自分だけ。


獲ったもん勝ちの釣りなので掛けたら確実に獲れる方法を選択しましょう。

安全釣行云々、綺麗事言う人ばっか言いますけどバラシたら何にもならんのです。

人生最大と思った魚を掛けたなら、道具に任せるんじゃなく自分のこの手でガッチリ掴み獲ってやってください。




でわまた。





熊本で超特大スズキを狙うならコレ!ここ数年の実績No.1

飛距離が欲しい時、向かい風の時なんなは特に重宝してます。
そしてなんといってもツーフック仕様のカルティバST56標準装備!
デカイのきても安心です。





にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

釣り・フィッシング ブログランキングへ